Running With Riflesってどんなゲーム…!?

Running With Riflesの概要、ゲーム性

Running With Riflesのゲーム画像

 

大人数見下ろし視点のアクションシューティングゲームとなります。ある人はバトルフィールドのようなゲーム性と言いSteamでの評価も好評となっています。シングル、オンラインとプレイスタイルは多種多様に用意されていますがオンライン対戦は過疎状態。PvP、PvEといったモードもありますがどちらもやはり人数は少ないです。これからプレイする人はシングルプレイで遊ぶのが基本。

 

シングルプレイだと懸念されるNPCの動きですが意外と優秀。
建物、遮蔽物があるマップですが相手NPCもただ無闇に特攻するだけでなく遮蔽物に隠れてチョコチョコ狙ってきたり、建物の屋上に上り屋上から狙ってきたりとやりがいのあるNPCレベルでシングルプレイでも飽きません。

 

Running With Riflesではビークル(乗り物)もバトルフィールドのように準備されており運転したり相乗りできたりと自由度も高い作りになっています。

 

もし倒されても3秒程度でリスポーンができるためストレスもありません。最初の内は操作も難しく何度も倒れますが問題なし。お祭りゲーなので自分の好きなように遊んでストレス発散ができる良ゲーです。

 

Running With RiflesのSteam情報

ゲームタイトル Running With Rifles
ジャンル アクション、シューティング、見下ろし
開発元 Modulaatio Games
パブリッシャー Modulaatio Games
リリース 2015年4月2日
Steam価格 1480円

このゲームはSteamで販売されています。たまにセールで半額程度になります。オンラインは人がいないのでほとんどシングル限定プレイといった感じ。定価で買うのが億劫な場合はセール中に購入するのがゲームと面白さのコストパフォーマンスが良い感じだと思います。

 

ちなみにRunning With Riflesは日本語対応されていません。日本語Mod等も存在していないので英語字幕でプレイする必要があります。しかし、2回〜3回とプレイすると操作方法やゲーム性もわかってくるため英語ができなくても問題ありません。