Running With Riflesの立ち回り方

前線を押し上げないことには始まらないRunning With Rifles

このゲームは拠点を徐々に制圧していくゲーム。そのため後方で芋っていても勝てない。Coop、オンライン対戦であれば攻守に分かれて良いバランスを保てるケースもあるが対NPC相手になると自分もやはり前線に行かないと押し上げることが難しい。

 

また一度倒れるとリスポーンされるが戦線を押し上げないといつまで経っても場所が変わらない。これはNPCのリスポイントも同じになるためできるだけ戦線を挙げておくと倒れても有利にゲームを進めることができるようになる。リスポーン位置が拠点近くなのか、遠くになるのかでゲームの先行きがだいぶ変わってくる。

 

なので、このゲームで芋はご法度。また銃の射程距離もFPSゲームほど長くはない。とにかく前線に行きチームのラインを押し上げる努力をするようにしよう。

遮蔽物に身を隠しながら敵を倒す

闇雲に相手チームの懐に突っ込んでも無意味である。このゲームのNPCは意外と賢い。前線に出てきた相手から集中的に狙うようになっておりNPCも遮蔽物に隠れて銃を打ってきたりする。そのため1人で突っ込むのではなく仲間の援護を待ちながら徐々に侵略していくことが非常に重要。またマップ上にあらゆる遮蔽物があるため身を隠して打ったら隠れるを繰り返すようなプレイをしていると地味ながら前線を押し上げることが可能となってくる。

 

1人で複数人を倒すのではなく一人ずつを確実に仕留めるようにしていこう。そして敵の人数が減ってきたら仲間と共に前線を押し上げていくことが大切。さながら本物の戦場と同じ感覚で拠点を制圧していくのがRunning With Riflesの醍醐味である。

倒されない立ち回りを覚える

倒された場合、次の標的な近くにいる味方に向かう。そのため前線を押し上げることが難しくなってしまうのだ。なので操作やゲーム性に慣れ来たら相手に倒されない立ち回りを考えるようにしよう。まずは遮蔽物を上手に活用すること。1人で前に出過ぎないこと。またこのゲームは銃だけでなくグレネードなどもある。戦況に応じて最適な武器で攻撃をするようにすることが非常に大切だ。

 

そして乗り物が強いため操作に慣れてしまおう。バトルフィールドシリーズも乗り物が非常に強いがこのゲームも乗り物は凶悪となる。上手く乗りこなすことで歩兵よりも数倍早く前線を押し上げることが可能になるため戦車等はトレーニングを積んでマスターしたいところ。ちなみに乗り物はある程度のダメージが入ると爆発してしまう。爆発に巻き込まれてと倒れるのでタイミングもしっかりと覚えておこう。